前へ
次へ

お清め塩の葬儀マナー

葬儀で行われる儀式の一つとして、古来から人々は死を恐れ死を穢れたものとして見てきたためお清め塩をする場合があります。
葬儀に関わったものは穢れを受けるので、身を清めなければ日常生活に戻れないとされていたためです。
なぜ身を清めないと日常生活に戻れないと思われていたかと言うと、泥や汚れのように穢れは外から付くと考えられていたからです。
こうした葬儀マナーがお清め塩の習慣化につながり、近頃では特に都心部で通夜や葬儀の際に会葬御礼の挨拶状とともに小さな袋に詰められたお清め塩が配られることが増えてきました。
さらに、大きな葬儀の場合は出口のところに塩が敷き詰められており一角が用意されています。
会葬を終えた人たちがその塩を踏むことで、外に出られるようになっている場合があります。
これも塩で穢れを払う風習から来ており、葬儀ではお清め塩を見る機会も多いです。
お清め塩を使う際は、帰宅してから家の玄関を跨ぐ前に使います。
このように、たくさんの葬儀マナーがあるため注意が必要です。

Page Top