前へ
次へ

重ね言葉を使わない葬儀マナーを知る

お通夜とか告別式に参列する場合など、遺族の方と話しをする機会も多くあると思われます。
また参列者同士も普通に会話をする訳ですが、葬儀マナーの一つに使ってはいけない忌み言葉があると知っておきましょう。
何気ない会話の中についついて出てしまうことも考えられ、言葉使いには注意が必要です。
更には宗教によっては使わないようにする言葉もありますので、覚えておくと便利です。
忌み言葉とは、不幸が重なってしまうことなど繰り返して起こることを連想されるものや、生死に対し直接表現すると言ったもので、遺族に対し配慮が足りないと考えられる言葉を指します。
これらの言葉に中で普段から使われているものも多く、特に注意する必要があるのが「たびたび」です。
もしくは「ますます」「くれぐれも」と言った言葉は、何気なく使われる場合がありますので注意しましょう。
一般的な重ね言葉には、「次々」「いよいよ」「かえすがえす」などがあり、うっかり使わないようにするのも葬儀マナーの一つになります。

Page Top