前へ
次へ

葬儀マナーとして知っておきたい給付金

突然必要になることが多い葬儀の費用、葬儀や埋葬にかかる費用を事前に貯蓄しておくことは案外少ないようです。
終活をする高齢者は増えていますが、国や自治体による補助金を受けられる、そうしたことは家族に話しておきましょう。
葬儀マナーとして、葬儀社への支払いは一括というケースが大半です。
香典で賄うにしても、全国的に二百万円以上の葬儀費用がかかるため、足りない場合には親族(近親者)から工面する場合も少なくないようです。
しかし、補助金を受けられる条件が整っていれば、故人との別れに後悔がないでしょう。
家族葬であれ、小規模葬儀であれ、費用は高額になりがち、直葬や火葬・埋葬のみのプランであれば数十万円ほどで執り行うことができるケースもあります。
身内での葬儀の際には、国保から「葬祭費」が支給されました。
調べたところ、給付額は一万円から五万円程度、自治体によって異なるようです。
葬儀マナーとして、故人の保険証の返却、資格喪失手続き時に申請するようですが、市役所などに確認しておきましょう。
ちなみに、申請期限が設けられており、死亡日から二年以内で、葬祭費支給申請書、会葬礼状も必要になります。

Page Top