前へ
次へ

葬儀マナーとして知識を吸収しておこう

葬儀費用に充てることのできる補助金、申請をしなければ給付を受けられません。
また、制度があることを知っているのならば、教えてあげることも葬儀マナーではないでしょうか。
できるならば、資金計画を立てておくべきで、葬儀一式費用、飲食代、寺院費などは現金にて準備する必要があります。
葬儀マナーとして、新札ではなく古札であることもポイントです。
世話役、地域の婦人部など、誰に世話になるのか分からないため、「御礼」と書いた白い封筒も用意しておきましょう。
まとまった葬儀費用を準備できず、クレジットカード決済ができる葬儀社、独自ローンを利用できる葬儀社なども徐々に増えています。
葬儀プランもピンキリで、オプションを含め、見積もりを取りましょう。
どうしても工面できない場合、故人の死亡保険金を充てる方法もあります。
ちなみに、終活をするのであれば、優待価格で葬儀を行える会員に事前加入しておくことも葬儀マナーになりますから、考えておきましょう。
最期だけは家族に迷惑をかけたくない、そうした高齢者は未体験の場面が想像できないため、こうした葬儀社のコンシェルジュに相談し、終活を進めておきましょう。

Page Top