前へ
次へ

葬儀マナーの一つに焼香の回数を考える

告別式などに参列した時、お焼香に立つことがあると思われます。
仏式の告別式が多い中、その時の所作に迷う人も多いのではないでしょう。
葬儀マナーの一つとして、その時の所作を考えてみます。
まず順番が回って来た時には自席を立ち、遺族や親族が座る席付近で立ち止まり、僧侶・遺族に一礼をします。
深々と長い間するまで必要ありませんが、一度が立ち止まって礼をするようにします。
焼香台の前で遺影に一礼し、祭壇に向かい合掌をすることになります。
右手の親指、人さし指、中指で香をつまみおしいただいてから香炉の静かに落とします。
この焼香、回数に疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。
焼香は宗派によって違いがあり、1回や2回更には3回行うことが一般的となっています。
最近の葬儀は寺院で行うことが少なくなり、どの宗派で行うのか判らないことが多くなっているのも事実です。
そのため宗派に拘ることなく焼香をする人も多くなりましたが、焼香の際には回数より気持ちを込めて冥福を祈るようにしましょう。
最後は再び合掌し、一歩後ずさりして僧侶と遺族に対し一礼をしてから席の戻るようになります。
葬儀マナーに焼香回数を言う人もいますが、回数を確実にするためには、予めメモなどの宗派別の回数を控えておくことも良い方法になります。

Page Top