前へ
次へ

知っておきたい遺族側の葬儀マナーとは

遺族や親族は喪家(そうか)側と言います。
喪家側は正式礼装の正礼服着用が葬儀マナーの基本ですが、近年は略礼服でも良いことがほとんどです。
礼服には格式があり、略礼服は上から3番目になりますが、以前は喪家側が一番上の正礼服を着用し、一般参列者は喪家より格式を下げた服で参列するのが葬儀マナーでした。
ただ、最近は喪家側も男性はブラックスーツ、女性はブラックの洋装で通夜や葬儀に臨むことが多いです。
男性は白無地のシャツに黒ネクタイ、黒靴下、派手な時計やネクタイピンは付けず、カフスボタンを付けるなら黒石にしましょう。
靴は黒の革靴ですが、光沢がないのがマナーです。
女性は髪の長い人は後ろで一つにまとめ、髪飾りは控えるか、光沢のない黒のリボンを選びましょう。
結婚指輪以外のアクセサリーは控え、化粧も控えめにします。
スカート丈は長めにしてストッキングは黒、タイツはあまり好ましくありません。
靴は黒のパンプスでヒールは3~5cm程度、バッグも黒ですが光沢があってはいけませんので布製が無難です。

Page Top