前へ
次へ

会食の際の葬儀マナー

葬儀では会食が準備されていることが多いですが、会食の目的を理解しつついくつかの葬儀マナーのポイントを事前に把握しておくことが必要です。
例えば、故人とあまり関係のない話題や故人の死に直結する話題は避けるようにしましょう。
故人と深い交流があった方は、生前の思い出などを話して偲ぶ場になります。
葬儀には地元の同級生など懐かしいメンバーが集まることも多いですが、まったく関係のない話題は避けましょう。
また、亡くなられる間際のことや死因など故人のプライバシーに関わることはデリカシーに欠けるため話してはいけません。
故人の遺族は大切な家族を亡くして悲しい気持ちになっており、さらに急な葬儀の取り仕切りで疲労が溜まっています。
遺族は辛い思いをしているため、励ましの言葉や話しかけるときは時間をとらせないなど思いやりの気持ちを持って接することが大切です。
続いて、食事の際はお酒が出るためつい飲み過ぎて騒いでしまう方がいますが、大声でさわがないことが葬儀マナーとして大切です。

Page Top