前へ
次へ

葬儀マナーとして数珠の種類を知る

仏式で行う通夜や告別式において、お焼香の時に必要な物が数珠です。
葬儀マナーとして、数珠のことを知っておくと便利と思われます。
数珠とは念仏を数えることや人間が持つ108個の煩悩を打ち消すために持つものとされ、自分自身を守る功徳があるとされています。
数珠を持つ人の身を守るものとされますので、数珠の貸し借りはしないと言うのが葬儀マナーとなっていることも知っておきましょう。
万が一万が一数珠を忘れてしまっても、ないままでの焼香が良いと言うことになります。
数珠をみたことがある人は多いと思われますが、大きさや色にも違いがあります。
この数珠は二種類に分けることが出来、本式数珠と略式数珠となっています。
数珠は宗派ごとに決まった形をしていますが、決められた形になっているのが本式数珠で、略式数珠は宗派に拘ることなく全ての宗派に利用出来る便利なものとなっています。
そのため葬儀マナーとして、略式数珠を最低でも一個を用意しておく必要があるのでしょう。

Page Top