前へ
次へ

葬儀マナーのひとつであるお焼香

葬儀には様々なマナーがありますので、いつ参列しても大丈夫なよう、日頃からきちんと押さえておくことが大切です。
葬儀マナーのひとつが「お焼香」であり、焼香に対する考え方は、それぞれの地域や宗派などによって異なります。
例えば浄土真宗の場合、お焼香そのものは、あくまでも自身の心身を清めるためのものと意味合いを持っていますので、よくあるような、お香を右手で摘まんだ後、額におしいすることはないのです。
また、回数に対しても同じですので、自身の宗旨や宗派、また、相手方の宗派との違いも確認しておきましょう。
上記のようにお焼香というと3回拝むイメージがあります。
例えば真言宗や日蓮宗でのお焼香は通常3回するのが一般的ですが、天台宗や浄土宗、臨済宗や曹洞宗といった、特にお焼香の規定がない宗派も、同じようにすることがあります。
葬儀マナーのひとつであるお焼香は、宗派や宗教、また、地域の慣習などによっても変わってきますので、前もってチェックしておくといいと思います。

Page Top